昔、本屋でバイトしてた時に

2018.03.29.Thu.23:10
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

←名前がなんともアレな雑誌がありました。

 

はたしてこれで綺麗になれた人はいるのだろうか…

 

これを手にレジに行くのは些か勇気がいるかもしれません。

 

顔次第で壮大なコントが出来上がりそうです。

comments(0) | -

長宗我部

2018.03.29.Thu.22:46
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

小学生の時に歴史の本を読んでなんか変わった名字の戦国武将が気になってしょうがなかったです。

 

蜂須賀、龍造寺、蠣崎、姉小路、少弐、六角、一色なんてのを発見すると嬉しかったです。

 

そして長宗我部元親の名前を見て衝撃が走りました。四文字ですよ!四文字の名字がこの世に存在してたのかと生まれて初めて知ったからです。なんとまあしょうもない事ですが。

 

この長宗我部さんとは何者かと図書館で色々調べましたが当時は情報が本当に少なかった。四国統一した大名とだけ書いてあるだけして…他は信長、秀吉、家康、信玄、謙信の本ばかりでしたが仕方が無いのでそれを読んだお陰で日本史には強くなれました

 

後に元親さんと長宗我部一族の事を詳しく知ったのですが…なんとも悲壮極まりない。ただ言えることは元親さん、私を歴史の世界に誘ってくれてありがとう。

comments(0) | -

あわてないあわてない

2018.03.29.Thu.21:17
category: お知らせ, auther: 延命幤造

すいません。また更新が一週間ほど止まってしまいました。

 

体調は良くなりましたがネタが閃めくのにまだ時間が掛かる感じですね。

 

以前なら一日に五、六個ほど思いついたのが今は二週間に一つと言った感じで。

 

そのネタも面白いように拡げる知恵も出ず更新が遅れる悪循環。

 

まあ肝心の日常生活を余裕をもってこなせるようになってますので私の独断で良しとする。

 

それに比例して頭の方もそのうち回復してくれると信じております。

 

長い目で待つしか無い。バンザーイ!バンザーイ!

comments(0) | -

あにき

2018.03.29.Thu.20:30
category: NZ戦記, auther: 延命幤造

私の職場にウゴウゴルーガのあにきそっくりな客が来られました。

 

失礼で申し訳ないのですが…あまりにも似てたので笑いを堪えるのに必死。

 

さらに脳内で「♪だ〜れにも〜や〜さしく〜あ〜いにいきるひと〜」とフラッシュバックまで発生。腹が捩れて大変でした。

 

そんな様子の私にあにきは「Are you OK?」と気にかけて下さいました。本当にやさしい人だった。

 

この前は天地茂さんそっくりな方が来ましたがまさか、あにきのそっくりさんが来るとは想定外。恐るべしNZ人。

 

また来てくれないかな。友達に猿そっくりな人まで一緒だったら笑い死ぬと思います。

comments(0) | -

西城秀樹 - ブーツをぬいで朝食を

2018.03.23.Fri.21:53
category: FM幣造, auther: 延命幤造

子供の頃はいまいちシチュエーションが見えない曲名でしたね。

 

ブーツと朝食という水と油の組み合わせ。これは一体何なのかと気になってしょうがなかったです。

 

朝帰りでブーツを脱ぐことなのか?それとも寝ている時もブーツを履いてるのかと。

 

大人になって初めて「ブーツをぬいで」と「朝食」の間にある何かに気づきました。

 

その何かは…大人の皆さんには判るでしょwww阿久悠さんのオブラートに包んだ歌詞作りは本当に上手い。西城秀樹さんもこれを歌いこなせるんだから昔のアイドルは凄い。

 

コナンでお馴染みの大野克夫さんが昔はこういう曲を作ってた事、そしてイントロのライターアクションで子供が火事を起こした事なんて若い人は知らんでしょうな。

comments(0) | -

オカンの歌

2018.03.20.Tue.04:37
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

うちのオカンが若い頃からずっと口ずさんでいる歌が

 

「♪そんな昔もあったのに あゝそれなのに それなのに」

 

そんな昔とはどんな昔なのか?それが気になってしょうがなかったです。


read more...
comments(0) | -

Bobby Jarzombek - Peppered Cancer

2018.03.17.Sat.19:46
category: FM幣造, auther: 延命幤造

ドラムは叩き方次第で面白くなると申しましたがそれを極め過ぎた故に普通のロックバンドじゃ扱えきれない方もいるわけで。

 

この超凄腕ドラマーのボビー・ジャーゾンベクさんもその一人です。よくこんな不規則なリズムを叩けるなと。良い意味で変態さんです。

 

本当にもっと評価されても良い方ですよ。上手すぎてバンドと言うか大道芸の方に行ってしまった感じもします。でもそれがいい。

 

例の隣人がこんな方だったら良かったのに…それはそれでまた問題かもしれません。苦情を言おうにも上手すぎて言えないという。

comments(0) | -

太鼓の迷人

2018.03.17.Sat.19:26
category: NZ戦記, auther: 延命幤造

私事で申し訳ないのですが隣人によくドラムを叩いてる人がおりました。

 

それは構いません。私もロックが好きなので。特にドラムというポジションは大好きでして叩き方次第で幾らでも面白くなるもんです。

 

何が問題かと言うと


read more...
comments(0) | -

ひっそりと復活

2018.03.17.Sat.18:58
category: お知らせ, auther: 延命幤造

「復活」 これほど使い古された言葉があっただろうか? 

 

「再開」 これも使いに使って干からびております。


じゃあ何が良いのか? もう「復活」でいいやと脳内が申してますので復活します。


read more...
comments(2) | -

車検

2018.02.18.Sun.04:34
category: NZ戦記, auther: 延命幤造

やっと更新できた。体調は良いのですが時間がなかなか取れません。

 

先週、車検(ここではWOF【Warrant Of Fitness】という)してきたのですが前輪が摩耗してるとのことでタイヤ屋さんで変えてもらいました。


read more...
comments(2) | -