平成

2018.06.12.Tue.02:44
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

久々に日本に帰ると今は平成何年か判らなくなります。

 

役場や病院の書類の記入欄に今日の日付を書く時は思わずドキッとするのです。

 

海外では西暦何年でやってますからね。そんな世界に長く過ごすと元号感覚がすっかり無くなってしまうのですね。

 

そんな平成も小渕さんがこの色紙を掲げてから30年経ってしまいましたか…私も年を食うわけだ。

comments(0) | -

昔、本屋でバイトしてた時に

2018.03.29.Thu.23:10
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

←名前がなんともアレな雑誌がありました。

 

はたしてこれで綺麗になれた人はいるのだろうか…

 

これを手にレジに行くのは些か勇気がいるかもしれません。

 

顔次第で壮大なコントが出来上がりそうです。

comments(0) | -

長宗我部

2018.03.29.Thu.22:46
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

小学生の時に歴史の本を読んでなんか変わった名字の戦国武将が気になってしょうがなかったです。

 

蜂須賀、龍造寺、蠣崎、姉小路、少弐、六角、一色なんてのを発見すると嬉しかったです。

 

そして長宗我部元親の名前を見て衝撃が走りました。四文字ですよ!四文字の名字がこの世に存在してたのかと生まれて初めて知ったからです。なんとまあしょうもない事ですが。

 

この長宗我部さんとは何者かと図書館で色々調べましたが当時は情報が本当に少なかった。四国統一した大名とだけ書いてあるだけして…他は信長、秀吉、家康、信玄、謙信の本ばかりでしたが仕方が無いのでそれを読んだお陰で日本史には強くなれました

 

後に元親さんと長宗我部一族の事を詳しく知ったのですが…なんとも悲壮極まりない。ただ言えることは元親さん、私を歴史の世界に誘ってくれてありがとう。

comments(0) | -

オカンの歌

2018.03.20.Tue.04:37
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

うちのオカンが若い頃からずっと口ずさんでいる歌が

 

「♪そんな昔もあったのに あゝそれなのに それなのに」

 

そんな昔とはどんな昔なのか?それが気になってしょうがなかったです。


read more...
comments(0) | -

若気の至り

2017.12.05.Tue.20:34
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

あの時、何であんな事をやらかしたのだろう?」

 

過去を悔やんでもしょうがない。あれは若気の至りだったのだと割り切るしかないのです。

 

しかし思い出すと悔やんでも悔やんでも悔やみ切れない事もあったりするのですよ。

 

中学時代に・・・・・・


read more...
comments(0) | -

四角電池

2017.12.05.Tue.20:08
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

子供というのは変な拘りがあったりするもんです。私も例外では無かったのです。

 

私が園児だった頃、四角い電池(積層電池)を見ると何故かテンションが上がってたそうです。

 

従来の電池は丸いというセオリーを無視した作りにが気になってしょうがなかったでしょうか。

 

これを見る度に「買って買って」と親にせがんでたそうです。園児の私には用途も知らぬ上に不必要な代物のはずなのに…

 

そして良い大人になった今でもこの電池を見る度に何かムズっとします。何だろうこの感覚?

 

こりゃ前世レベルで何かあるのかもしれない。実は積層電池の生まれ変わりだったら嫌だなあ。

comments(0) | -

23周年

2017.12.05.Tue.19:25
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

プレステ誕生から23周年とは時の流れは本当に早いです。

 

1994年当時は色々と楽しませてもらいました。特に格闘ゲームでは。

 

主に友達の家でプレイしてましたね。私は金銭的に余裕がなく買おうにも買えない状況だったのが残念。

 

よって対戦ゲームをやっても機材を持ってやりこんでる友人には敵いませんでしたがゲーセン並のクオリティが遂に家庭でプレイできるのが嬉しかったのです。


read more...
comments(2) | -

2017.11.29.Wed.19:19
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

セーラームーンのOPといえば冒頭の教会の鐘の音。

 

これを聞く度にAC/DCの「Hells Bells」もしくはBlack Sabbathの「Black Sabbath」を思い出してしょうがない。どっちも同じ鐘の音で始まる曲なのですが極端過ぎます。

 

じゃあ「Hells Bells」「Black Sabbath」を聴いたら「ムーンライト伝説」を思い出してしまう始末。

 

ちなみに寺の鐘で始まる曲で思いつくのは一休さんのOPだけです。メタルでそんな曲があるんでしょうかね?

 

思考回路がショート寸前ですかって?いや頭の中身が短絡なだけです。

comments(0) | -

トリックアート荒岩

2017.11.02.Thu.21:22
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

クッキングパパが登場してから30年以上経ちますが未だに荒岩一味の顎の構造は謎です。

 

横から見ても前から見ても顎が横向き。

 

まるでエッシャー絵画を見てるような感覚ですね。

 

JFK暗殺の真相が明かされても、この顎の秘密が明かされることは無いでしょう。

comments(0) | -

暖かくなると出てくるアレ

2017.10.16.Mon.07:36
category: 棒にも箸にもなんとやら, auther: 延命幤造

暖かくなると現れる全裸男。私はコートおっぴろげ君と呼んでますが。

 

これに遭遇することなんて、そうはないと思います。あってたまるかと。

 

残念ながら私にはあります。高校生の時に友達と一緒に自転車で橋下のトンネルを通過してる時にコートおっぴろげ君は現れました。

 

全裸を御開帳と思いきやブリーフを履いておりました。そしてそのまま逃走。一瞬の出来事で呆気に取られました。

 

ブリーフとはこのおっぴろげ君にも少しは羞恥心はあったんですかね。だったら最初からやるなよと。まあそんなモノ見たくもないのですが。中途半端な御方。

 

それとも最初は履いて徐々に慣らしてから次回は全裸で挑戦、そして場所もトンネルから白昼と徐々にシフトする計画だったのか?

 

全裸開帳男のレベリングというのも間抜けでしょうがないったらない。

 

にしても男の私にこれをやるということはその気があるってことなんでしょうか?気持ち悪いのでこの話はもうお終い。

comments(0) | -