仮想通貨

2017.11.09.Thu.09:42
category: 真面目な幣造, auther: 延命幤造

巷では仮想通貨ってのは流行ってます。持ってる方はおられますか?私は持ってません。どうにも危なそうで手を出しておりません。

 

ビットコイン、イーサリアム等はサイバー内の実態のない通貨なのにとんでもない値段がついております。一番最初に購入した人は億万長者になっております。


これで思い出すのが小学生時代にキン消し(キン肉マン消しゴム)というのが流行りましてこれを学校に持ってきて自慢するのが恒例になってました。

 

そのうちなかなかガチャで出てこないレアな超人を持ってると物や食べ物で交換してくれと言うのが現れまして、いわゆるキン消しが児童の間でキン銭になりました。

 

となると「レア超人=金持ち」という変なスタンダードが出来上がり、ありったけの小遣いをガチャに注ぎ込んだり消しゴムの奪い合い等の問題も発生して事態を重く見た親と学校がとうとうキン消し禁止令を出してハイ、それまで。

 

まあそうなる前にキン消しが大量に増えすぎてバブル崩壊になってましたがね。得したのはバンダイさんだけ。まさに金消し。

 

この後、ガン消しブームも発生して同じような事が起こりました。そういやビックリマンカードもこれと近いことがあったし…メーカーってのは収集癖を煽るものを作るのが上手いなと。

 

そしてテクノロジーが進んだ現在も同じ事が起きるとは。そして仮想通貨も同じ轍を踏むのだなと…ビットコインも中国が規制してますし。そろそろ危ない。

 

ただ仮想通貨を否定してたロシア政府が政府公認の「クリプトルーブル」を導入するというのだから事態は一筋縄ではいかない。キン銭問題はまだまだ続くようです。

comments(2) | -

Comments

ナタ@uyan
2017/11/09 10:40 PM
キン消し…!懐かしい!!
確かに収集癖を…というのは感じますね。
(スマホゲームのガチャなんかは近しいものを感じます)

今話題?のビットコイン…。うちの職場の上司が少し手を出してますねぇ(私は怖くて手が出ませんが)
幣造さんの例えとかお上手で「フムフム」と読んでしまいます。
こういったのをブログネタにできるところは…素敵だなぁ…(なんだかカッコイイ…)
延命幣造
2017/11/10 12:03 AM
スマホのガチャは仮想ガチャポン。今まで駄菓子屋か玩具屋に行かないと無かったガチャポンが何処でも出来るって奴で。

今時は子供もスマホ持ってますからね。このリスクに対応しなくちゃならない親は大変です。

仮想通貨の熱狂ぶりは裏返せば今の政治や経済に対する不信感なんですよね。お金の逃げ場がないというか。世も末と言う奴か。

ビットコインが無くなっても仮想通貨のテクノロジーは何らかの形で私達の生活に浸透するのではないかと思っております。

将来、円がキャッシュレスなったりして。でも手元に現金が無いと停電時どうするんでしょうかね?

Leave a comment